耳鼻のど専門 (ゆい)鍼灸院

〒564-0041 大阪府吹田市泉町2-47-27-102 スーパーライフ前
阪急吹田駅 徒歩5分

診療時間
午前9:00~12:00/午後3:00~8:00
定休日
日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

電話予約8:30~21:30(定休日も受付中)

06-6380-2236

耳管狭窄症​

耳管狭窄症とは

耳管狭窄症は耳鼻科では 鼻炎や副鼻腔炎などで耳管の咽頭口が腫れ、耳管の通らなくなった状態と説明されています。耳のつまりや軽い聴力低下があり、嚥下つまりごっくんとつばを飲み込んだり、耳抜きなどで一時的に症状は改善します。

耳鼻科では鼻炎や副鼻腔炎などを治しながら、対処療法として耳管通気法が行われます。ただ実際は通気したらかえって症状が悪化したという患者さんの話もよく聞きます。

鼻炎や副鼻腔炎が治ると数日~数週間で治るとされていますが、結には慢性化した患者さんたちが来院されています。

耳鼻科では鼻を治す抗菌剤、抗アレルギー剤、ステロイドなどが処方されます。

結の鍼灸は慢性鼻炎や副鼻腔炎、花粉症の治療は高い治療成績をあげているので それを応用して治していきます。

ただ実際は同じ患者さんが耳鼻科によって耳管狭窄症と診断されたり、耳管開放症と診断されたりすることも多く、鼻炎や副鼻腔炎など鼻の炎症のみに原因を求めていいのか疑問をもつこともあります。

鍼灸はいろいろな角度から身体を観察し、患者さん個人個人に合う治療を中医学的視点から行っていきます。
2018年2月

※耳管開放症でも鼻炎になれば耳管狭窄症になる場合も

患者さんの中には、ある耳鼻科では耳管開放症といわれ別の先生にかかったら耳管狭窄症といわれ「いったいどっちなんだ」と混乱されている方もいらっしゃいます。耳管開放症のコーナーで耳管機能不全という説明をしていますが、じつは時期によって違うこともあります。風邪をひいて、鼻炎がひどくなれば耳管ははれて狭窄します。耳管開放症の患者さんでも鼻炎から耳管がはれて狭窄すれば、鼻炎が治り耳管のはれがひくまでは耳管狭窄症です。2018年5月

耳のつまりとドライマウスがいっしょに治った話 シェーグレン症候群に効く鍼灸

杉沢(仮名)さんは50代の女性です。フルタイムで働かれています。1年前から右耳が詰まった感じが続いていると来院されました。耳鼻科の薬は飲んでいるが、症状が改善しないそうです。

肩こりもひどく、右ひじや右ひざも痛みます。杉沢さんはシェーグレン症候群のため6年前から舌も痛く、口も渇きます。味もちゃんと感じることができません。

治療開始して3ヶ月で耳が治ったのでアンケートをいただきました。右ひじや右ひざも治り、肩こりも以前ほどではなくなりました。舌の痛みもなくなり、口の渇き等のドライマウスも楽になったので、喜んでいただけました。食べ物もおいしく感じるようになったとのことです。シェーグレン症候群が鍼灸でよくなるとは期待されていなかったようです。

残念ながらシェーグレン症候群は良くはなってもなかなか完治とはいきません。肩こりの治療も兼ねて、時々通院されています。

※シェーグレン症候群とは、自己免疫疾患の一種です。涙腺の涙分泌や唾液腺の唾液分泌がうまくいかなくなる病気です。40~60歳の中年女性に好発し、男女比は1対14といわれています。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【1】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

 

◆コメント

初めてうかがったときは右耳がほとんどつまったような感じで聞き取りにくく困っていたが今はほぼ完治した。時々以前のようなつまり感を感じる事はあるがすぐに戻るので問題ありません。

お医者さんの薬だけで半年以上かかってもなかなか改善しなかったのが2.3ヶ月の治療をしていただいて改善したのでもっと早く通院させていただければよかったと思っております。ありがとうございました。

 

◆自筆アンケートは以下から

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

耳管狭窄症が治った

鼻の奥と中耳(鼓膜の奥)は耳管でつながっています。この耳管が風邪や副鼻腔炎などで炎症をおこして狭くなった状態が、耳管狭窄症です。耳がつまった感じが続いたり、自分の声がひびいたりします。じつは耳のつまる不快感は耳管開放症でも出現する症状。狭窄と開放はずいぶん違うように思えますが症状は似ていて、鍼灸の治療のやり方も共通するところがあります。

 

◆耳管狭窄症が治った

山脇(仮名)さんは40代の男性です。右耳がつまり、右の鼻もつまります。耳鳴りもあり肩もこります。足は冷えます。3年前から耳がつまりはじめ、耳管狭窄症と2年前に診断されましたが、耳鼻科の治療を受けても治りませんでした。
日頃から眠りが浅く、大好きなお酒をたくさん飲んでしまうと全然眠れなくなるのが悩みの種です。あごの違和感もあります。

治療を始めて2~3回たつと治療後2~3日は症状が出なくなりました。肩こりはすっきり消えました。1ヵ月半もすると出張に行っても悪化することがなくなりました。山脇さんは福井方面への出張が多く北陸本線の長い長いトンネルが今までは耳のつまり感をひどくしていたのです。

2ヶ月15回の治療で耳管狭窄症の症状は消えました。数ヶ月たった今も再発することなく過ごされています。不眠もなくなりました。鼻は時々つまるが、すぐに治ります。現在の悩みはお酒を飲みすぎてしまうこと。たくさん飲んでも眠れるようになったため、つい飲みすぎてしまうそうです。

※山脇さんの自筆のアンケートの写真

「1. 非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」を選択され、治療前の苦痛を10とすると今は0.5と回答されています。

お問合せはこちら

電話予約8:30~21:30(定休日も受付中)

06-6380-2236
診療時間
午前9:00~12:00/午後3:00~8:00
定休日
日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

06-6380-2236

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご予約はこちら

診療カレンダー
 
午前 × ×
午後 × × ×
診療時間

午前9:00~12:00
午後3:00~8:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

電話予約8:30~21:30
(定休日も受付中)


耳の調子が悪く電話予約がやりづらい方はその旨を明記された上でメールをください。mogusa@cb3.so-net.ne.jp まで
またはFAXをお願いします。FAX番号は電話と同じです。

定休日

日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

主なご来院エリア

大阪府吹田市・北摂・北大阪・摂津・豊中・箕面・茨木・千里・東淀川・江坂・堺・能勢・豊能・池田・高槻・島本・梅田・難波・他大阪市内全域
兵庫県神戸市・西宮・尼崎・枚方・寝屋川・守口・門真・四條畷・大東 

QRコード