耳鼻のど専門 (ゆい)鍼灸院

〒564-0041 大阪府吹田市泉町2-47-27-102 スーパーライフ前
阪急吹田駅 徒歩5分

診療時間
午前9:00~12:00/午後3:00~7:30
定休日
日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

電話予約8:30~21:30(定休日も受付中)

06-6380-2236

耳鳴り難聴

耳鳴り

耳鳴りはいろんな原因からおこります。

外耳に耳垢や異物が耳につまっていてもおこります。

中耳の部分がおかしくなった場合は急性中耳炎や慢性中耳炎、耳硬化症、耳管狭窄症などが原因です。

内耳では突発性難聴、メニエール病、老人性難聴、内耳炎、音響外傷などの原因があります。

中枢疾患では聴神経腫瘍、脳血管障害、脳腫瘍などがあります。

そのほか身体のさまざまな不調からもおこります。疲れていて耳鳴りがしたけれど、よく眠ったら耳鳴りが治ったというのもよくある話。鍼灸は耳鳴りがある時はまず睡眠について聞き、不眠があれば しっかり不眠を治すようにします。

難聴

難聴は伝音難聴と感音難聴に両方が関係する混合難聴に分かれます。

伝音難聴は音が伝わっていく過程の伝音機構に障害が生じたための難聴で、外耳、中耳がおかしくなっています。気導聴力は障害されていて骨導聴力は障害されていません。ヘッドホンをつける普通の聴力検査は気導聴力を調べています。骨導聴力は別のやり方をします。

感音難聴は、伝わった振動が内耳、蝸牛(かぎゅう)を刺激し、刺激が聴神経から大脳で音として認識されるまでの過程に障害が生じた難聴です。内耳、聴神経から大脳までがおかしくなっています。

混合難聴は、この伝音難聴と感音難聴が混在しておこったものです。

聴力検査では20dB(デシベル)までを正常聴力、40dBまでを軽度難聴、70dBまでを中等度難聴、70dB以上を高度難聴としています。

 

中医学からみた耳鳴り、難聴

中医学では難聴のことを耳聾(じろう)と呼んでいます。耳鳴り、耳聾は中医学では一般的には肝火上炎、痰火欝結、腎精虚損、脾胃虚弱の4分類ですが、これを5分類とすることを私は学会に提案しています。痰火欝結と脾胃虚弱の中間形として痰湿欝結あるいは痰湿阻絡といった分類を加えるという案です(専門誌「中医臨床」2009年9月号118号の「痰湿うっ結(痰湿阻絡)を考慮した難聴の治療」)

耳鼻科の医師は基本的には耳や鼻だけをみているのですが、中医学はどの分類でも身体全体と耳と鼻を関係させて診ているのが特徴です。身体全体を調整しながら耳鳴り、難聴を治していきます。

両耳のつまり閉そく感 耳鳴が一ヶ月で治った

60代の女性が「2週間前から両耳がつまるようになり、閉塞感も出てきた」と来院されました。人の声が遠くに聞こえます。自分のしゃべる声もこもって聞こえます。右耳の耳鳴は何年も前からあります。今回は両耳が耳鳴りするようになりました。ふらつきも出てきました。

以前から背中が痛んでいたのですが右の首から肩にかけても痛むようになりました。寝つきも悪く、一度は夜中に目が覚めます。時々 口が苦く感じます。

耳鼻科に行きましたが、正確な診断名はつきませんでした。耳管の通気をしてみても症状が改善しません。かえってめまいがひどくなったように感じたので通気はやめています。

 

1週間に2回の頻度で治療を開始しました。一度の治療で人の声が遠くに聞こえるのも自分の声のこもるのも楽になりました。ただまた゛ぶり返します。

3回ほど治療すると背中の痛みが最初を10とすると2ぐらいと軽くなってきました。結局 1ヶ月8回 治療し、その10日後も症状の再発のないことを確認して治療を終わりました。アンケートは8回目の治療後にいただきました。

聴力検査の結果も大丈夫だったという連絡を後日いただきました。

 ◆アンケート回答

 

よい効果があった。少し苦痛はあるがずいぶん楽になった、総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は2であるという回答があり以下のようにコメントされました。

 両耳の閉塞感は全く感じなくなりました。耳鳴も日中は殆ど気にならず過ごせるようになり楽になりました。夜 等 静かになったときに耳鳴を感じる事はありますが、あまり気にせず寝る事ができます。耳からくるであろう身体の不調も整えていただき感謝しております。ありがとうございました。

◆考察

アンケートに「耳からくるであろう体の不調を整えて頂き」と書かれていますが、中医学では、肝鬱気滞(かんうつきたい)という身体の不調から、耳もつまり右の首から肩にかけても痛むようになったと考えます。気が滞ると、悪い熱をもつことがあります。頭の方で熱を持つと、口が苦くなったりします。そしてたいていは不眠になり、イライラがひどくなったりします。

私は耳周辺にだけでなく身体全体から治していきます。2018/08/23

 ※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

 ◆自筆のコメントはこちらから

患者さんの自筆のコメント

幼少期からの耳鳴がほぼ治った

患者さんは30代のやせた女性でした。幼少期からキーンという耳鳴がずっと続いています。鍼灸もいろいろ受けたが、耳鳴については変化がないということでした。ただ温灸を多用する結(ゆい)のような治療は受けたことがないとのことでした。

○○年4月から8月まで月2~4回の治療を続けたところ耳鳴は静かな場所で意識を集中してさがすとわかるといった状態までおさまりました。なにより身体が楽になり家事等で動いても疲れにくくなったことを喜ばれていました。

じつは自宅近くに鍼灸師の友人もいて、結(ゆい)に来ないときは私の指示したつぼに温灸をしてもらうこともいっしょにやりました。

 

◆アンケート回答 

1.非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がないという回答と2.よい効果があった。少し苦痛はあるが治療前と比べると少しは楽になったと間に ご自身で以下のように書かれていました。

苦痛があるという程ではないが全く何もないわけではない。ほとんど気にならなくなった。

以上のように書かれ以下のようにコメントされました。

総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今は1である。

耳鳴については普段 ほとんど気にならない程に改善した。それに伴い体のだるさや疲れやすさも改善し 毎年 梅雨から夏にかけての食慾不振やだるさ等いわゆる夏バテに悩まされていたが今のところ全くない。さらに嬉しい副作用(?)として顔のくすみが消え たるみもなくなった。

耳鳴だけでなくほかの不調についてもほとんどなくなり快適な毎日を送っている。先生の的確な判断と治療に大変感謝している。コメント以上

 

◆考察

耳鳴にもいろいろ種類があります。この女性は中医学的にいうと脾胃虚弱(胃腸が弱い状態)から気が耳に十分に届かなくなることで生じていた耳鳴でした。春から夏にかけてはのぼせることも多く、疲労感も相当なものでした。胃腸の弱さを治していきながら、耳も治療しました。2017年7月

 

◆自筆のコメントは以下からどうぞ

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

頭鳴り、耳鳴りが治療後 25時間で消えた!

80代の男性から、あわてた様子で電話がかかってきました。何か不調があると結(ゆい)にいらっしゃる患者さんです。立夏の数日前のことでした。

「頭のてっぺんの方でピー!と鳴りはじめた。耳鳴だかなんだかしらんが。」とのこと、頭のてっぺんで鳴るのも耳鳴の一種ですが、当院では患者さんが 納得されるように「頭鳴り」とよんでいます。

今日の午前3時に目が覚めたらピー!と鳴りはじめていたとのこと。肝陽上亢という状態でした。頭に虚熱があり、足が冷えています(足の冷えない肝陽上亢もあります)

さっそく鍼灸治療しましたが、その場では止まりません。連休も控えていたので、翌日 来てもらうことにしました。

翌日 話を聞くと「10時に床について、午前2時にトイレで起きた。もう一度 寝て午前4時に起きたら頭鳴りは消えていた」といいます。期間の経過した頭鳴り、耳鳴りはなかなかやっかいですが、新鮮なものはすぐに治ることがよくあります。再発予防の治療をして頭鳴り、耳鳴りの治療を終わりました。 

鍼灸は慢性症状だけでなく、新鮮な急性症状にもよく効きます。

患者さんからのアンケートには、コメントとして以下のように書かれていました。

午前3時にとつぜん頭鳴りが始まり驚きました。すぐにおさまるものと思っていましたが、なおらずここに来たしだいです。治療を受けて1日(24時間)でおさまりありがとうございます。2017/05

 

自筆のアンケートはこちらから
http://yuisuita.sblo.jp/article/179722688.html

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

原因不明の高音域の聴力低下、耳鳴が治った

田代さん(仮名)は30代の女性です。右耳の聴力低下で来院されました。2週間前から突然聞こえなくなったそうです。高音域の聴力が低下し、高音が変に聞こえます。肩もこって、手首も痛みます。手首をよく使う仕事の方です。耳鼻科では高音域の聴力低下で原因は不明との説明を受けられたようです。ストレスが関係しているかもしれないと田代さんはおっしゃいます。職場の人間関係がうまくいっていないようです。

2回 治療してすっかりよくなり、アンケートをお願いしました。

アンケートでは

◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。
◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

 

◆コメント

急に聴力低下耳鳴りが出現し耳鼻科を受診するも検査で高音域の聴力低下、原因不明との診断を受けビタミン剤と軽く血流を良くするお薬をいただいたのみで、1週間後に再受診と言われたものの、その後 数日で症状が悪化したため色々と検索しこちらに受診させていただきました。

針治療が初めてだったため少し不安でしたが痛いと訴えれば痛くないようにしてくださったり、常に声かけをしていただけて安心して治療を受けれました。実際の効果は驚くほどのもので1回目の治療で5割ほど症状が軽減し、生活に支障がなくなり2回目の治療で症状は全くなくなりただただ驚くばかりです。耳だけでなく肩こりや仕事で痛めた手首も同時に見てくださり身体の苦痛が一気になくなりました。本当にありがとうございました。また何かあった時はよろしくお願いいたします。コメント以上

 

◆解説

田代さんは子育て真っ最中のお母さんでした。仕事と子育てで睡眠時間も少なく4時間ほど。少しでも眠る時間を増やすようお願いしました。睡眠時間が少ないと耳鳴は悪化しますのでご注意ください。

ご本人がおっしゃるようにストレスの要素もあったようなので疏肝(そかん)作用というストレス軽減の作用をもつ経穴(つぼ)も組み入れて治療したところうまくいきました。2016年9月

◆自筆アンケートは以下l

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

難聴が治った

橘(仮名)さんは60代の女性です。2年前から耳に不自由を感じるようになりました。数人で話すると、聞き取りにくくなったのです。耳鼻科で左側の聴力が低下しているといわれました。右耳も何か響くような感じがする、耳鳴がするということでした。

一週間に一度の頻度で治療を開始。2回めの治療の後、「左耳がよく聞き取れるような気がする」とずいぶん改善しました。橘さんも喜ばれていました。

ただ2回目の治療後、1週間近く「なんだか寝た気がしない」「ずっと緊張している気持ちがする」という訴えも。

じつは脳を活性化させ、聴力の回復を意図したのですが、活性化がすぎてやや興奮状態になってしまったようです。次からはやや活性化しつつも、少し落ち着く治療に切り替えました。聴力は耳の機能だけではなく、脳の機能が大きく関係しています。私たちは耳を通して脳で音を聞いているのです。

今度はぐっすり眠れるようになり、7回、1ヵ月半治療したところでアンケートをいただきました。聴力はずいぶん回復しています。右耳の違和感もほぼなくなってきたのですが、たまに感じる時があるといった状態です。

橘さんに「よくなった左耳を使ったほうがいいのですか」と聞かれました。なるほど傷んだところはあまり使うなという指導が医療の世界ではよくあります。

「どんどん使ってください。」とお答えしました。大音響でなければ、使いながら機能を回復させたほうがいいのです。いわば耳のリハビリです。

2016/01/22

◆アンケートでは「よい効果があった。少し苦痛はあるがずいぶん楽になった。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【3~4】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

 

◆コメント

イヤホンを使って聞く時、以前は左右ボリウムを変えないと聞こえづらかったのですが、治療していただいて、ボリウムを大きくしなくても聞こえるようになりました。ありがとうございました。

 

◆自筆アンケートは以下から

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

耳のつまりと全身性エリテマトーデス(SLE)の関節痛

石川(仮名)さんは40代の女性です。3ヶ月前から左耳がつまりはじめ、耳鳴りがするようになった。近頃は右側もつまりはじめたという症状で来院されました。鼻もつまるそうです。

石川さんは全身性エリテマトーデス(SLE)という免疫異常の病気をお持ちで、SLEの症状のひとつに関節痛があります。来院されたのは冬で、手首や足首も痛み始めていました。

耳のつまりも関節の痛みも、石川さんの場合は気滞、気の滞りからきていました。気の滞りをなくす治療をすると、耳のつまりも、手首や足首の痛みもなくなりました。半月に5回の治療で症状はなくなりました。

治療終了後にアンケートをいただきました。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【1】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

 

◆コメント

初めての鍼灸治療だったのですが、こんなに効果があるとは知らなかったので驚きました。耳のつまり感が1回の治療でずいぶん楽になり本当に嬉しかったです。関節の痛みもすぐに消えました。感動しました。治療に通って本当に良かったです。また調子が悪い時はお世話になりたいと思います。有難うございました。

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。

耳鳴り難聴に吐き気もあった患者さん

30代の女性、篠田さん(仮名)は職場を休むことになりました。耳ではなく頭痛 と吐き気が突然始まり、仕事に行けなくなったからです。後でいただいたアン ケートによると「当初は頭痛と吐き気の症状が強かったため、内科で緊張型頭痛 と診断されました。痛み止めのロキソニンも効かずそうこうしているうちに聴こ えの悪さ、耳鳴り音割れが始まりました。どこまで悪くなっていくのか不安にな る中、先生に「治りますよ」といわれた時は本当に救われた気がしました。」と いう状態でした。低音も聞こえにくくなっています。突発性難聴です。

治療途中で職場復帰しながら1ヶ月ほど治療したところ耳はすっかりよくなりま した。職場復帰当初は腰がだるくて、1日の立ち仕事がつらかったのですがそれ もなくなりました。 突発性難聴は原因不明といわれていますが、中国伝統医学は主な原因を、耳の周 囲の気の滞りと考えています。気の滞りのおこる理由は各人それぞれですから、 耳の周囲の気の滞りをとるつぼに加え、患者さん個々に合わせてつぼを選びます。

篠田さんの場合は無理に無理を重ねた結果でした。職場での責任が重くなり子育 ても忙しい。がんばり屋さんが気力で乗り切ろうとしたけれど身体が悲鳴を上げ たのです。顔はほてりやすく足は冷たい。身体の上と下の気がうまく巡っていま せん。上逆(じょうぎゃく)といいます。上逆から吐き気もおこります。こういう 人は疲労を感じにくいタイプ、無理ができるけれど突然倒れたりもしやすいので す。篠田さんには「あなたは人よりも疲労を感じるセンサーが弱いのだから、80 パーセントぐらいのがんばりで実は100パーセントやっているのですよ」と助言 させていただきました。

 

篠田さんのアンケートへの回答

ご予約はこちら

電話予約8:30~21:30(定休日も受付中)

06-6380-2236
診療時間
午前9:00~12:00/午後3:00~7:30
定休日
日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

ご予約はこちら

お電話でのご予約はこちら

06-6380-2236

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご予約はこちら

診療カレンダー
 
午前 × ×
午後 × × ×
診療時間

午前9:00~12:00
午後3:00~7:30

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

電話予約8:30~21:30
(定休日も受付中)

定休日

日曜・水曜・祝日・土曜の午後・第四木曜

主なご来院エリア

大阪府吹田市・北摂・北大阪・摂津・豊中・箕面・茨木・千里・東淀川・江坂・堺・能勢・豊能・池田・高槻・島本・梅田・難波・他大阪市内全域
兵庫県神戸市・西宮・尼崎・枚方・寝屋川・守口・門真・四條畷・大東 

QRコード